2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.06 (Tue)

サガン鳥栖、J1昇格おめでとう。

SP2011120499000050_-_-_CI0002.jpg


自分が応援しているサガン鳥栖が、J2リーグで2位に入り、
悲願のJ1昇格を果たしました。

去年の2010年シーズンは、
「サガン史上最強のメンバーが揃った」と、
前・松本育夫監督に言わしめながらも、その年の結果は9位。

しかし今年は、
その2010年に加入した選手達が戦術理解を深め、
見事にJ1昇格を果たしました。


サガンのスタイルは、
『前線から、全員が守備をする』『最後まで諦めない』
大きくはこの2つです。

この2つは少なくとも自分がファンになった6年前から、
全く変わっていませんし、これからも変わらないでしょう。


自分が知っているサガンの歴代3大エースである、
藤田祥史・ハーフナー マイク・豊田陽平は、
まぁ~チームのエースなのに、足が吊るほど、前線からチェイスをします。


サガンではFWは、攻撃だけではなく、守備も重要な仕事です。

前線から全力でチェイスをする事で、
最終ラインの選手に、良い体勢で前線にボールを供給させません。

そこで乱れたパスを、中盤以降の選手がパスカットを狙います。


エースが体を張ってディフェンスをするので、
後ろの選手も、エースにボールを集めたくなるんです。

サガンのFWが必ずゴールランキングの上位にいるのは、
そういうチームの背景がある為です。


サガンには、守備をしないFWはいません。

ブラジル人選手をある時期を境に全く獲らなくなったのも、
「ブラジルの選手は守備をしないから」という考えがあるのでしょう。


さて来季は、初めてのJ1での戦いが待っていますが、
まぁまず当面の目標は、『J1残留』となるでしょう。

その為には、J1仕様の補強も必要ですし、
更なるチームとしてのレベルアップも必要です。


個人的には、ハーフナー マイクが鳥栖で覚醒して、
一気に日本代表の一員まで駆け上がったように、
豊田辺りには、日本代表入りを実現して欲しいです。

豊田も、高さ・強さ・速さを兼ね備えたFWです。

李・岡崎・森本と同じ北京五輪代表ですが、
この3人からは出遅れているので、是非、頑張って欲しいです
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ ジャンル : スポーツ

13:20  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.03 (Sat)

ハーフナー・マイク、日本代表デビュー。




元サガン鳥栖のエースである
ハーフナー・マイクが遂にA代表デビューを果たしました。

2009年の5月からレンタル移籍でサガンに加入してから、
J1の名門で揉まれた大型FWはゴールを量産。

J2時代から得点力はズバ抜けていました。

1年もせずに甲府に移籍してしまいましたが、
J1に上がってからも、怒涛のゴールラッシュ。

本田圭の代替招集ではありますが、
李が通用しない時には高さで攻めるという戦術を採る時、
マイクの高さと強さが必要になる時が出てくるでしょう。

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

16:32  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.27 (Sat)

2014年W杯:アジア3次予選日本代表メンバー発表。

GK:
川島 永嗣  (リールス/ベルギー)
西川 周作  (サンフレッチェ広島)
権田 修一  (FC東京)


DF:
駒野 友一  (ジュビロ磐田)
今野 泰幸  (FC東京)
栗原 勇蔵  (横浜F・マリノス)
伊野波 雅彦  (ハイドゥク・スプリト/クロアチア)
槙野 智章  (ケルン/ドイツ)
内田 篤人  (シャルケ04/ドイツ)
吉田 麻也  (VVV/オランダ)


MF:
遠藤 保仁  (ガンバ大阪)
中村 憲剛  (川崎フロンターレ)
阿部 勇樹  (レスター/イングランド)
長谷部 誠  (ボルフスブルク/ドイツ)
細貝 萌  (アウクスブルク/ドイツ)
柏木 陽介  (浦和レッズ)


FW:
李 忠成  (サンフレッチェ広島)
岡崎 慎司  (シュツットガルト/ドイツ)
本田 圭佑  (CSKAモスクワ/ロシア)
森本 貴幸  (ノバラ/イタリア)
香川 真司  (ドルトムント/ドイツ)
清武 弘嗣  (セレッソ大阪)
原口 元気  (浦和レッズ)



が3次予選のメンバーでした。

30歳オーバーが遠藤・中村憲・駒野の3人だけと、
南アフリカW杯から比べると、
まぁしかし、見事に世代交代を果たしましたね。


おそらく布陣は4-5-1で行くのでしょうが、
1トップはW杯時には不在でしたが、
今は李にある程度のメドが付いた。

CBも中澤・闘莉王から今野・吉田に変わりましたね。

Wボランチの長谷部・遠藤に変動はありませんが、
柏木辺りが遠藤の後釜を狙っているでしょう。


FW陣は間違いなくパワーアップして、
トップ下の本田圭と左サイドの香川は不動のような気がしますが、
右サイドの岡崎vs清武は面白い。

プレースタイルが全く違うので、戦術次第ではありますが。

香川の後ろには原口というジョーカーがいますし、
森本もどういう成長をしたのかが気になる所です。


203243_Japan.jpg

おそらくスタートはこういうメンツになるのでしょうが、
今後、ここからどういう変化があるのかが楽しみですね。

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

08:20  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。