2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.27 (Tue)

W杯日本代表メンバー。

空前の日本代表不人気のW杯イヤーです。
自分も今年に入ってからの日本代表の試合の低調ぶりに
イライラしている1人で

本大会では勝ち点1を上げられれば良いかな
と思っている部類です。

正直な話、自分は次の2014年のブラジル大会に
視線が行っていますが(ちゃんとした監督の下)
今回の2010年のW杯のメンバーを予想しようと思います。


【GK】

楢崎 正剛  (名古屋グランパスエイト)
川島 英嗣  (川崎フロンターレ)
西川 周作  (サンフレッチェ広島)



【DF】

中澤 佑二  (横浜Fマリノス)
田中マルクス闘莉王  (名古屋グランパスエイト)
内田 篤人  (鹿島アントラーズ)
長友 佑都  (FC東京)
岩政 大樹  (鹿島アントラーズ)
駒野 友一  (ジュビロ磐田)
今野 泰幸  (FC東京)



【MF】

中村 俊輔  (横浜Fマリノス)
遠藤 保仁  (ガンバ大阪)
長谷部 誠  (ヴォルフスブルク)
松井 大輔  (グルノーブル)
本田 圭佑  (CSKAモスクワ)
阿部 勇樹  (浦和レッズ)
中村 憲剛  (川崎フロンターレ)
稲本 潤一  (川崎フロンターレ)



【FW】

岡崎 慎司  (清水エスパルス)
大久保 嘉人  (ヴィッセル神戸)
玉田 圭司  (名古屋グランパスエイト)
佐藤 寿人  (サンフレッチェ広島)
平山 相太  (FC東京)



ケガが無ければ、こうなるかなと思っています。
コウロキ・森本・小笠原・石川・前田・香川…
頑張っているのですが、今回は厳しいかなと。
もう、この23人を動かそうと思っても動かせないんですよね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

03:30  |  サッカー  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.22 (Thu)

勝っている時の自分のサッカーの特徴。

テンプレートをリニューアルして、1発目です。
最近、調子が良く、現在10戦以上負け無しです。
久々にキテます。

最近は、カターニャ・セビージャ・マンC・セルビア・韓国・デンマーク・スウェーデン等など、
余り使った事の無いチームも、
たまに使うようになりました。
ドイツやポルトガルも、
たまに使うと面白いですね。

勝っている時の自分のサッカーの特徴は、

① 前にボールを運ぶ
② シュートかクロスで攻撃を終える


この2つがシッカリ出来ています。


この2つが出来ていない時は、
どことなく自信が無い時です。
無意味な横パスやバックパスが多くなります。
そして相手の守備陣が整い、シュートやクロスで終わる事が出来ず
守備に追われる。

シュートで終わるにも無理な体勢や角度から
むやみやたらに狙っても仕方ないですが
調子が良い時はなぜかやたらシュートも決まるし
絶妙なタイミングでクロスに味方が飛び込んでくれます。

逆に①②がシッカリ出来ているから
勝ち続ける事が出来るのでしょう。

①②を実行するにはやはり、
「堅守・速攻」が一番の近道です。

4バック+守備的MFでシッカリ潰して、
攻撃的なポジションの選手に縦のパスを入れる。

クサビを受けた攻撃的なポジションの選手が
空いている選手にパスを回し、
その選手がボールを更に前に運ぶ。

相手DFの動きを見ながらクロスなりラストパスなり
そのまま持ち込んでシュートなりを臨機応変に選択する。

フォーメーションは、あまり関係ないです。
1トップでも堅守・速攻は出来ます。

カウンターで相手の守備陣形が整う前に
フィニッシュまで行くというのが自分の基本ですね。

なので、横パスやバックパスをしていると
相手のDFラインも上がるし
1つのパスミスで大ピンチだし
自分は余りオススメしないです。

逆に相手がそれをしている時はチャンスです。
最終ラインはパスが上手い訳ではないです。
1つの読みが合えばパスカットが出来て、
そのままGKと1vs1です。

今日、カターニャを使った時は、それで勝ちました。


そういう事もあるので、自分は低い位置でのパス回しは
本当にオススメしないです。

たまに自陣のPA内でも
ショートパスで繋ごうとする人がいますが
1つのパスミスで1点を献上しかねません。

自分もそれで今まで
かなりのラッキーゴールを頂いてきました。

凄いのは相手のクロスボールを
×ボタンのヘッドで味方に繋げようとする人です。
体勢が悪ければ、PA内の中途半端な位置に落ちて
そのまま蹴り込まれます。

基本的には、自陣のPA内では■ボタンで
セーフティーにクリアをしましょう。
無理に繋げようとして獲られたら1点ものです。

テーマ : サッカー ジャンル : スポーツ

21:44  |  ウイニングイレブン  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.16 (Fri)

ゴリってなんだ?

最近よく思うのは、「ゴリってなんだ?」という事です。

ゴリの詳しい意味を教えて欲しいです。

自分はどうも、「ゴリをするのはイカン事だ」
という暗黙の了解があるように思います。

おそらく、ロナウドやメッシ・カカ・ルーニーが
真っ直ぐなドリブルで相手DFを切り裂いたら
「ゴリ」と言われるでしょう。

自分もたまに、『なんだ、強豪使いのゴリかよ』と言われる事があります。

正直自分は、意味が分からないです。
ドリブルが持ち味の選手を
攻めのパターンにする事の何が悪いのでしょうか?

ただサッカーというか勝負事なんて
「いかに自分の長所を活かして相手に勝つか」
を考えながらやるものであって
ゴリと言われる事は、凄く当たり前の事をしているだけです。

じゃあ、イブラヒモビッチの高さを活かしたプレーをしたらイカンのか?
シャビやイニエスタ・ピルロのパスの精度を活かしたサッカーをしたらイカンのか?
ジェラードやランパードがミドルを打ったらイカンのか?
と、様々な疑問が湧いてきます。

自分にしたらメッシ・カカ・ロナウド・ルーニーのドリブル突破なんか
DFが上手ければ止められると思います。
「コイツに渡ったら終わりだ」という選手はいません。

自分は、「ゴリ」という言葉は
ただの負けた時の言い訳にすぎないと思っています。
誰のドリブル突破も止められないなんて事は絶対にありません。

ゴリという言葉を使って言い訳をする時間があれば
自分のDF能力を上げれば良いんです。

自分が「ゴリ」と言われるドリブル突破でやられたとしても
『相手は選手の特徴を上手く活かした。止められない俺が下手だった』
と思い、次に活かします。

こんな考え方はオカシイでしょうか?


【4/18追記】 この記事に対する皆さんのコメント・ご意見、メチャクチャ面白いです♪

テーマ : サッカー ジャンル : スポーツ

06:37  |  ウイニングイレブン  |  CM(35)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。