2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.30 (Wed)

おつかれしたっ!!

日本代表の2010年・南アフリカW杯が終わりました。
本当に、ベスト8までは紙一重の差でした。

頑張った選手たちに、本当にパラグアイに勝って、
まだまだ、南アフリカに残って戦って欲しかったです。

PKになった時は川島がいるから
「勝ったかな?」と思ったのですが、
甘かったですね。

駒野が外した事は責められないです。
PKは、ヒデもバッジョでも外すんですから。


守備陣は本当に、初戦から頑張って
強豪国の猛攻に耐え続けたし、
攻撃陣も、決めるべき時にシッカリ決めました。

本当に南アフリカW杯では、
全ての選手が頑張ったので、
負けたのは誰のせいでもないです。


まだ、日本のサッカーのレベルが
ベスト16までという事なのでしょう。

でも、自国開催以外のW杯で
決勝トーナメントに進んだのは初めてです。

次回のW杯はベスト8に進む事が目標になるでしょう。


明日、いや、今日から、
2014年のブラジルW杯へのカウントダウンが始まります。

今回の成績を越えるには何をすれば良いのか。
シッカリ分析して、4年後にリベンジしたいですね。


次回のW杯の中心は、
本田・長谷部・長友・内田・香川・森本辺りですか。

世代交代や移籍も含めて、
今後も、サッカーの日本代表から目が離せません。

スポンサーサイト

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー ジャンル : スポーツ

02:18  |  サッカー  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.24 (Thu)

次の2014年・ブラジルW杯に向けて。

今回の南アフリカW杯は中堅の選手が躍動しました。
川島・阿部・大久保・松井…。

26歳~29歳のアテネ世代の選手ですね。

次のブラジルW杯では、
本田・内田・長友・森本という
今の若手(北京世代)が中堅になります。

今回のメンバーには入りませんでしたが、
香川・槇野・平山・柏木・水野…
今の日本の若手には、有望株が多いです。


今回の南アフリカW杯後、
日本人選手に注目が集まって
ドンドン海外に飛び出していってからが

「本当の日本サッカー界の歴史のスタート」
なんじゃないかなと思います。


まぁ今回は世界との差がありすぎて、
堅守速攻の戦術に落ち着きましたけどね…^^;

やっぱりもう少し、世界の大きな大会でも
日本の攻撃的なサッカーが観たいですよね^^



【主な海外の日本人選手(現時点)】

・ 本田 圭佑  (CSKAモスクワ)
・ 長谷部 誠  (ヴォルフスブルク)
・ 森本 貴幸  (カターニャ)
・ 内田 篤人  (シャルケ)
・ 香川 真司  (ドルトムント)



【W杯後、移籍?】

・ 長友 佑都  (FC東京)
・ 阿部 勇樹  (浦和レッズ)
・ 松井 大輔  (グルノーブル)
・ 大久保 嘉人  (ヴィッセル神戸)


テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

14:35  |  ウイニングイレブン  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

デンマークに勝機あり。

オランダ戦は、非常に良い試合をしました。
まず、守備をシッカリ行って、
オランダに結果的には、1点しか与えなかった。

1点しか与えなかった事で、
デンマークには引き分け以上で
決勝トーナメントに行けるという
大きなアドバンテージに繋げました。


ただ、日本が決定的なシーンを作ったのは
岡崎の左足のシュートだけだった
というのは、少し気になります。

格上ばかりなので
決定的なチャンスを作れる場面が少ない
というのは分かります。

でも、もっと相手に
脅威を与えるプレーをして欲しいですね。


今の日本の調子・相手とのレベルの差を考えれば、
4-3-2-1がベスト布陣でしょう。

一度、本田に当てて両翼の
大久保・松井がサイドからチャンスを作る。

デンマーク戦も、同じような展開に持ち込むでしょう。
まずは守備をしっかり行って、カウンターでゴールを狙うと。

オランダには通用しませんでしたが、デンマークには、
スピードのある大久保・松井は脅威になるでしょう。


デンマーク戦はとにかく、ゴールを狙って
勝ち点3をもぎ取って欲しいです。

スタメンは変わらないでしょう。

オランダ戦と同様に、
後半からスピードのある
玉田・岡崎を投入する形になるでしょう。

リードした状態であれば、稲本をボランチに入れるでしょう。
俊輔や森本は、状況に応じてでしょう。


個人的には大久保・闘莉王辺りの
闘争心むき出しの選手に決めて欲しいです。

岡崎にも、オランダ戦のリベンジ弾を期待したいです。

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

00:42  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。