2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.11 (Tue)

W杯メンバー23人発表。

≪スポーツナビより抜粋≫


■GK

楢崎正剛 名古屋グランパス 1976.04.15 187cm 80kg

 日本代表の正GK。安定したセービングはもちろんのこと、ポジショニングの良さやハイボールの処理能力の高さも光る。

川島永嗣 川崎フロンターレ 1983.03.20 185cm 80kg

 セービングだけでなく、正確なフィード、足元の技術に優れている。大一番で力を発揮する強心臓の持ち主。

川口能活 ジュビロ磐田 1975.08.15 180cm 77kg

 98年大会から4大会連続選出となる。負傷のために長らく代表からは離れていたが、経験を買われての選出となった。


■DF

中澤佑二 横浜F・マリノス 1978.02.25 187cm 78kg

 長身を生かしたヘディングと1対1の強さが特長のセンターバック。代表では主将も務める。2大会連続の選出。

田中マルクス闘莉王 名古屋グランパス 1981.04.24 185cm 82kg

 高い身体能力を生かした空中戦の強さと正確なロングフィードがウリ。得点力も高く、パワープレーの際には最前線でゴールを狙う。

今野泰幸 FC東京 1983.01.25 178cm 73kg

 ボール奪取力に優れたボランチ。もともとはMFだが、左右のサイドバックとセンターバックもこなすことができる。

岩政大樹 鹿島アントラーズ 1982.01.30 187cm 85kg

 長身を生かしたヘディングが持ち味のセンターバック。中澤、闘莉王の控え候補。

駒野友一 ジュビロ磐田 1981.07.25 172cm 76kg

 左右両サイドのバックアッパー。右足のクロスは精度が非常に高く、アーリークロスが得意。

長友佑都 FC東京 1986.09.12 170cm 68kg

 無尽蔵のスタミナと、アフリカ選手をはじき飛ばすフィジカルを兼ね備えるサイドバック。左サイドのレギュラー。

内田篤人 鹿島アントラーズ 1988.03.27 176cm 62kg

 サイドをハイスピードで疾走する右サイドバック。スピード、テクニック、クロスの精度を高いレベルで備える。


■MF

中村俊輔 横浜F・マリノス 1978.06.24 178cm 70kg

 日本の大黒柱。高い技術と、高精度のパスでチャンスを作る。セットプレーのキッカーを務める。

遠藤保仁 ガンバ大阪 1980.01.28 178cm 75kg

 広い視野と高いパスの精度で試合を組み立てるゲームメーカー。ボランチ、攻撃的MFの両方でプレーできる。

中村憲剛 川崎フロンターレ 1980.10.31 175cm 67kg

 高いパスセンスを誇るゲームメーカー。ディフェンスラインの裏に通す長いパスは秀逸。

稲本潤一 川崎フロンターレ 1979.09.18 181cm 75kg

 フィジカルの強さと、ロングキックの精度に定評があるボランチ。得点力もあるが、代表チームでは守備的な役割が多い。3大会連続の選出。

阿部勇樹 浦和レッズ 1981.09.06 177cm 77kg

 守備的なポジションならばどこでもこなせる守備のユーティリティープレーヤー。今季はオーバーラップしての得点も光る。

長谷部誠 ボルフスブルク(ドイツ) 1984.01.18 177cm 66kg

 チームで1、2を争うほどの運動量を誇るボランチ。ドイツで守備力も向上し、右サイドバックでのプレーも可能。

本田圭佑 CSKAモスクワ(ロシア) 1986.06.13 182cm 76kg

 最もゴールのにおいを感じさせる攻撃的MF。ブレ球のFKや前線での飛び出しで得点を狙う。

松井大輔 グルノーブル(フランス) 1981.05.11 175cm 64kg

 左サイドから1対1の仕掛けでチャンスを作るウインガー。アクロバティックなプレーで見る者を魅了する。


■FW

岡崎慎司 清水エスパルス 1986.04.16 174cm 76kg

 日本のエース。ディフェンスラインの裏への飛び出しとヘディングでゴールを量産する。

玉田圭司 名古屋グランパス 1980.04.11 173cm 67kg

 スピードを生かしたドリブルと、左足の強烈なシュートがウリのストライカー。2大会連続の選出。

大久保嘉人 ヴィッセル神戸 1982.06.09 170cm 73kg

 野性味のあるプレーが持ち味。左サイドか、FWでの起用が有力。念願の初のW杯メンバー入り。

矢野貴章 アルビレックス新潟 1984.04.05 185cm 76kg

 恵まれた体格とスピードを兼ね備える大型FW。ポストプレーヤーだけでなく、ウイングとしてもプレーできる。

森本貴幸 カターニア(イタリア) 1988.05.07 180cm 75kg

 生粋のゴールゲッター。得点への意欲が高く、常にゴール前でシュートを狙っている。


You Tubeで、日本代表23人の発表会見を観ました。
納得の23人です。

川口・矢野は驚きましたが
質疑応答で選考理由を聴いたら
凄く納得できました。

ベストの23人が選ばれたと思います。
急にW杯が楽しみになってきました^^

サッカーは何が起こるか分からないので
岡田監督が目指す「ベスト4」も
可能性はゼロではないです。

可能性がゼロでは無い限り
自分は応援したいと思います。
自分達の日本代表ですからね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

03:31  |  サッカー  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

理想を言えばオシム監督でワールドカップ行きたかったーv-7
最近の試合が、ひどいだけにー 
やっぱ、戦うなら世界で実績だしている監督を
次回は、選出してほしいですねー。
ヒディング・モウリーニョなどお金があったら呼んでほしい。
監督力・スカウティング力をつけるために海外の名クラブに日本人を送って何年後かに日本人スタッフ・監督でヨーロッパチームに負けない日本を作ってほしいですね。
HY |  2010.05.12(水) 10:57 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

HYさん>

どうやらブッフバルトで固まっているようですが…
本気で日本サッカーの進展を期待したい!!

その為にはやっぱり…
監督ですよねぇ~。
フルサット |  2010.05.12(水) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。