2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.12 (Wed)

W杯予備登録メンバー7人

■予備登録メンバー       ※スポーツナビより抜粋

徳永悠平 FC東京 1983.09.25 180cm 76kg

 フィジカルが強いサイドバック。左右サイドに加え、センターバックでのプレーも可能。

槙野智章 サンフレッチェ広島 1987.05.11 182cm 75kg

 足元の技術が高く、攻撃力に秀でたDF。ムードメーカーとしての役割も期待されている。

石川直宏 FC東京 1981.05.12 175cm 69kg

 スピードを生かしたドリブル突破が魅力のウインガー。思い切りの良いシュートも持ち味。

小笠原満男 鹿島アントラーズ 1979.04.05 173cm 72kg

 ピッチの中央でゲームを仕切る司令塔。パスセンスだけでなく、フィジカルも強く、守備でもチームに貢献する。

香川真司 セレッソ大阪 1989.03.17 172cm 63kg

 高速ドリブルが得意の攻撃的MF。得点力も高く、昨季のJ2得点王。

前田遼一 ジュビロ磐田 1981.10.09 183cm 80kg

 足元の技術とシュートテクニックに優れたポストプレーヤー。昨年度のJリーグ得点王。

田中達也 浦和レッズ 1982.11.27 168cm 63kg

 細かいタッチでのドリブルが得意のFW。ディフェンスラインの裏に抜けるだけでなく、1対1の仕掛けからでも得点を奪える。



こういう事になったようですね。
しかし、攻撃的なメンツが集まりました。

そして前田・田中達也が入っているFW陣を見ると、

今までの代表での貢献度よりも
「今、調子がイイ選手を選んだな」
という気がします。

途中から入るFWには
流れを呼び込む運や勢いも必要ですからね。

DFやMFは、そういう訳にはいかないので
にわかに期待されていた小野は
最初から厳しかったと思います。

攻撃的な3人が並んだ中盤を見ると、
岡田監督が23人を構成する上で
『いかに守備に重点を置いたか』
が分かります。

監督によっては、
このレベルの選手であれば、
23人に入れる・入れないで分かれる筈です。

矢野を削るとか
今野を削るとか
入れ替えようはあると思うんですよね。


でも、この23人を選んだという事は
『本大会では、基本的に守って守って、少ないチャンスをモノにする事になる』
という当然の現実を受け止めた上なのでしょう。

サブとして入れる選手も、
憲剛・本田・松井・大久保など
1発で流れを変えられる選手ばかりなので
これ以上は、攻撃的なMFは要らないという考えなのかもしれませんが。

とにかく自分は岡田監督と
23人の日本代表選手を信じます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

23:12  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |