2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.12 (Tue)

日韓戦ドロー。

GK:  西川 周作
CB:  今野 泰幸
CB:  栗原 勇蔵
RSB: 駒野 友一 ⇒ 内田 篤人
LSB: 長友 佑都

CMF: 遠藤 保仁 ⇒ 中村 憲剛
CMF: 長谷部 誠
RSH: 松井 大輔 ⇒ 金崎 夢生
LSH: 香川 真司 ⇒ 細貝 萌
OMF: 本田 圭佑

CF:  前田 遼一



いやぁ~、アルゼンチン戦に続き、
今日も質の高いゲームでした。

アウェーの韓国戦という環境の中でも、
内容は勝っていたと思います。

決定機も日本の方が多かったし、
日本の守備は最後まで破られませんでしたからね。


日本の最大の決定機は、長谷部のスルーパスで
松井がフリーになった場面ですかね。

あれは松井のトラップミスで
相手のハンドも取られず、
チャンスを逃す事になりましたが。


前半は相手をいなしながらのショートパスが
上手く繋がり、日本のペースで進められました。

後半は韓国の勢いに圧される時間帯はありましたが、
今野を中心にDF陣が最後の所でやらせなかった。


攻め込まれた後の
カウンターのスピードも見事でした。

高めの位置でカットしてからの
ショートカウンターも多かった。

特にショートカウンターの起点になったのが本田圭。
自分で獲って自分でシュートまで行けるのが素晴らしい。


今日のMVPは本田圭にあげたいです。
ボールを獲られないしシュートの意識も高かった。

DF3人を惹き付けてのラストパスもありました。
(長谷部が見事に噴かしましたが…

本田圭から、アジアでボールを獲れる選手はいないですね。
本田圭にフィジカルとキープの上手さで勝てるMFも
アジアにはいないでしょう。


前田遼一のボールキープも効いた。
ターンを駆使しながらのキープは見事でした。

ストライカーらしい動きは出来ませんでしたが、
ポストプレーや溜めに関しては充分、合格点でしょう。


香川は今日は厳しいパフォーマンスでしたが、
疲労も厳しいマークもありましたね。
まぁ今は、そこを乗り越えないといけない時期ですね。


SBのウッチー・長友も、
もう少し攻撃力を上げたいですね。

今日に関しては、
SBの攻撃参加は合格点ではありませんでした。

まぁ、カウンターで一気に前まで行くサッカーなので、
攻撃参加のタイミングもなかなか難しかったですかね。


ただカウンターは良かったですね。
前に速いし、2~3人でもフィニッシュまで持っていきますからね。

逆に韓国に「なんで行かないの?」と感じました。
人数が揃うまで攻めないんですよね、韓国は。


ザックジャパンには、
とにかく今日やアルゼンチン戦のように
ゴールへの意識を常に持って欲しいですね

日本サッカー界の未来は明るい

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

23:12  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。