2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.03 (Mon)

アンケート結果発表!(サイドアタッカー編)

ウイイレ2011最高のサイドアタッカーは誰だ!?
のアンケート投票が100票を超えましたので、
結果発表をさせて頂きます


1位: クリスティアーノ ロナウド  38票

トップ下編のカカ以上の断トツ票で、C.ロナウドが1位
SMF/OMF/WG/ST/CFと、どこでもこなす攻撃のスペシャリスト。
速い・上手い・デカいの3拍子が揃っている上にイケメン。
故に文句なしの受賞


2位: アルシャヴィン (追加)  13票

2位は読者さんの選択肢追加で入ったアルシャヴィン。
本職はSTも、アウトサイドから中央に切り込むプレーを得意とする。
能力も軒並み80を超え、特にドリブルはズバ抜けて上手い。


3位: ウォルコット & ロッベン  8票

3位タイには、サイドのスペシャリストが仲良く銅メダル。

ウォルコットはトップスピード・加速力、敏捷性・ドリブルスピードの
数値全てが90を超える、イングランドの若きサイドアタッカー。
スピードは文句なしだが、課題としてはクロス精度・得点力の2点が挙げられる。
あとは、フィジカルとスタミナも、もう少し欲しい。

ロッベンはスピードとドリブルだけでなく、
決定力と高いクロス精度も誇る完璧なWG。
ただ、スタミナが余り無いので攻撃に専念させたい。
ロッベンを右WGに置いて、切り込んでからのシュートもあり。


5位: マルダ  7票

突出した能力がある訳ではないが、
スピード・ドリブル・クロス精度・得点力を
バランスよく備えているSMF。
体も強いしスタミナも豊富。
今季、プレミアリーグの前半で大活躍。


6位: メッシ  6票

ストライカー・トップ下・サイドアタッカーと
全ての部門でランキングトップ10に顔を出したメッシ。
改めて、その攻撃センスに感心&脱帽

確かにドリブルの速さとクロス精度だけでも、WGとして機能しますね。
中に切り込んでからのシュートorラストパスもありますし。


7位: レノン & アレシャンドレ パト  4票


イングランドのスピードスター・レノンが7位に。
スピードだけなら間違いなく世界一。
フィジカルやスタミナ・クロス精度もそこそこある。
あとはゴールゲッターとしての怖さが欲しい所。

坊主になったパトがサイドアタッカー部門でランクイン。
サイドアタッカーとしての能力も高いですが、
得点力があるので、生粋のストライカータイプですね。
まだまだ、パトが化けるのは今からです。


次のアンケートはボランチ部門です
今までのアタッカー陣とは、選手もガラリと変わりそうですね
選考基準も多様化しそうで、非常に楽しみです

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカーゲーム ジャンル : ゲーム

09:01  |  ウイニングイレブン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。