2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.06 (Sun)

アンケート結果:コパ・アメリカに召集して欲しい選手は誰だ!?

コパ・アメリカに召集して欲しい選手は誰だ!?」の
アンケートが100票を超えたので、結果発表です


1位: 三浦 知良 (追加)   18票

1位はなんと、読者さんの選択肢追加から、
生きる伝説・カズこと三浦 知良選手でした

J2横浜FCに所属する43歳。
Jリーグ最年長ゴール記録を持つ。

常に若手の模範・憧れとなり、
サッカーへ対する情熱は誰にも負けない。

ドーハの悲劇がなければW杯には確実に出ただろうが、
フランスW杯では直前にメンバーから落選。

その後、W杯が開催される度に、
「カズを23番目の選手としてメンバーに」
という声が必ず挙がるスター選手。


2位: 宮市 亮 (追加)   17票

名門アーセナルに移籍したU-22代表・宮市が2位に。

若手の引き抜きに定評がある
アーセナルのベンゲル監督が惚れ込む逸材。

特例の労働ビザの許可が下りず、
今冬、フェイエノールトにレンタル移籍。

まずはA代表での出場数を増やす事が、
世界のスターダムの階段を上がる第一歩になる。


3位: 宇佐美 貴史   15票

ガンバ大阪・いや、日本の次世代のエースが3位に。
2010年は7得点で、ベストヤングプレイヤーを受賞
既にバイエルンやチェルシーが獲得に食指を伸ばしている。

宮市亮・小野裕二・柴崎岳の世代はタレントの宝庫であり、
黄金世代を超える「プラチナ世代」と称され、将来を期待される。


4位: 槙野 智章 & 家長 昭博   5票

海外で活躍する若手が4位に仲良くタイでランクイン。

槙野はドイツのケルンに移籍後、既にフル出場でデビューを飾っている。
「点の獲れるDF」として、ゴールパフォーマンスも人気の秘訣。

家長はスペインのマジョルカに移籍後、ピッチにも立っている。
A代表での経験は無いに等しいが、
2014年W杯には主力として期待されるサイドアタッカー。


6位: 長友 佑都   4票

超強豪クラブ・インテルに電撃移籍を果たした長友が6位。
無尽蔵のスタミナと、強靭なフィジカル・高い守備力に加え、
最近では、攻撃に絡む際の能力にも磨きが掛かってきた。

アジアカップ中にもグイグイと評価を上げ、
一部では、「既に左SBとしては世界の5本の指に入る」
とまで評されている、今や日本で一番の売れっ子選手。


7位: 遠藤 保仁 & 中村 憲剛 & 阿部 勇樹 & 長谷部 誠 & 本田 圭佑 & 川島 永嗣   3票

遠藤 保仁: 日本の中盤を落ち着かせ、ボランチの位置からゲームを組み立てる。
中村 憲剛: アジア杯では落選も、トップ下・ボランチで違いを出せる選手。
阿部 勇樹: 「世界レベルでは、守備力の高い阿部が必要」という声が挙がる。
長谷部 誠: 今やすっかりキャプテンが似合う。 攻守のバランスの良さがウリ。
本田 圭佑: アジア杯MVP。 今夏には、ビッグクラブへの移籍を実現させて欲しい。
川島 永嗣: ドヤ顔は健在。 実力から考えて、もっと良いクラブへ行っても良いのでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

06:01  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。