2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.09 (Wed)

4-2-3-1⇒

現在のサッカー日本代表の
基本フォーメーションである4-2-3-1。

これはU-22でも採用されて、
現在の日本のスタンダードです。

アジアカップの計6試合でも、
全てスタートは4-2-3-1。

4-2-3-1でアジアカップを優勝した事で、
ザックも4-2-3-1にはメドが立ったでしょう。


さて、2014年のW杯に向けては、
更なるオプションを持たなくてはいけません。

アジアでは通用した4-2-3-1も、
世界の舞台では通用するか分かりません。

その辺りをコパ・アメリカや、
コンフェデで見極めていく事になりそうですね。

今後は、岡田監督も南アフリカW杯で採用した
4-3-2-1や4-3-3も試していくでしょう。

まぁ3ボランチになってくると、
また、CFの位置に本田圭佑という事になりますが…


本田圭佑が言うように、今の日本代表の心臓は遠藤です。
遠藤がボールを持ってからが、日本の攻撃のスタートです。

長谷部も守備が出来ますが、
彼も攻撃が持ち味の選手でもあります。

そうなってくると岡田監督が採用した
アンカーを置くという選択肢も考えられます。

実際にザックもアジアカップ中に、
テコ入れでアンカーを後半途中から入れたりしましたからね。


今後は世界との差を感じたら、
前の3枚を本田・岡崎・香川で固める可能性もありそうですね。

ボランチには細貝や本田拓・米本・梶山、
CBに中澤・闘莉王・栗原が戻れば、今野・阿部もいます。

前の3枚には、家長・宇佐美・宮市・森本という
若手もグイグイと力を付けてきているので、
今後のポジション争いが非常に楽しみですね


※ 「2011シーズン:Jリーグ最強クラブはどこだ!?」のアンケートを実施中
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 ジャンル : スポーツ

10:51  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。