2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.28 (Mon)

負けている時こそ選手交代。



スペイン vs ドイツ  3-2  


先制 ⇒ 逆転 ⇒ 逆転の試合でした。

幸先良く、
右クロスからカブデビラのヘッドで先制したものの、

ラームのグラウンダーのクロスからクローゼに同点弾を浴び、
ミドルのこぼれ球をミュラーに押し込まれ逆転を許す嫌な流れ。

後半開始10分には、
絶不調のセルヒオ ラモスをアルベロアに交代。

後半20分には絶好調で出番を待っていたジョレンテを
疲れていた訳ではないトーレスに替えて投入。

更に、「突っかける選手がいない」という事で、
イニエスタに替えてシルバをピッチに送り出す。

この2・3人目の交代で戦況が変わる。

ジョレンテが入る事で前線でボールが収まり出し、
シルバのスピードのある突破により、
サイドからチャンスを作れるようになる。

カブデビラも果敢にオーバーラップを図り、
シルバとジョレンテと絡んで左サイドが活性化

しつこいサイド攻撃からCKを何本も誘発。
そして遂に後半80分に選手交代が実を結ぶ。

シャビのプレースキックからシャビ アロンソがヘッド一閃。
何本も蹴ったCKが遂にドンピシャで合い、同点

後半ロスタイムにはジョレンテがビジャへスルーパス。
これは一度は相手DFにパスカットされるも棒パスを誘発し、
棒パスがRMFのシャビへ。

PA内までドリブルで侵入していき、
相手が来ないのを見るやミドルシュートを放つ。

相手ボランチがカバーに入るも間に合わず、
豪快なミドルがゴールネットに突き刺さる

結果、劇的な逆転勝利


【振り返り】

上手く行かなかった所を選手交代で修正して、
流れを引き戻せたのが勝因かなと。

ジョレンテにボールが収まる事で、
スペインお得意のパスサッカーが展開しやすくなった。

トーレスの調子が悪かった訳ではないけど、
結果的に絶好調だったジョレンテの投入が好転

中盤がパサーばかりなので、
ドリブルで仕掛けられるシルバを入れたのも良かった。

やはり選手交代は、自分でやらないとダメ
選手交代が1つの勝利のカギなんだから、
選手交代をCOMに任せちゃダメ

自分は余りやりませんが、
試合中にフォーメーションを変えるんだったら、
絶対に自分で決めた方が良いです。

その交代や変更で更に引き離されたとしても、
それは大きな経験になるから。

COMに何もかも任せて、
結果的にその変更が逆効果だったら、
もう、目も当てられないので

負けている時こそフレッシュな選手を投入して、
試合の流れを変えましょう

しかし、ただ漠然と変えるんじゃなく、
意図のある交代をしないと意味がないです。

交代を告げるピッチ上の選手の調子は関係ないです。
試合の流れを止めていたら、絶好調でも交代させましょう。

後半途中の選手交代で、
その試合の勝敗が決まるという事を忘れてはいけません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカーゲーム ジャンル : ゲーム

04:35  |  ウイニングイレブン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。