2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.06 (Tue)

サガン鳥栖、J1昇格おめでとう。

SP2011120499000050_-_-_CI0002.jpg


自分が応援しているサガン鳥栖が、J2リーグで2位に入り、
悲願のJ1昇格を果たしました。

去年の2010年シーズンは、
「サガン史上最強のメンバーが揃った」と、
前・松本育夫監督に言わしめながらも、その年の結果は9位。

しかし今年は、
その2010年に加入した選手達が戦術理解を深め、
見事にJ1昇格を果たしました。


サガンのスタイルは、
『前線から、全員が守備をする』『最後まで諦めない』
大きくはこの2つです。

この2つは少なくとも自分がファンになった6年前から、
全く変わっていませんし、これからも変わらないでしょう。


自分が知っているサガンの歴代3大エースである、
藤田祥史・ハーフナー マイク・豊田陽平は、
まぁ~チームのエースなのに、足が吊るほど、前線からチェイスをします。


サガンではFWは、攻撃だけではなく、守備も重要な仕事です。

前線から全力でチェイスをする事で、
最終ラインの選手に、良い体勢で前線にボールを供給させません。

そこで乱れたパスを、中盤以降の選手がパスカットを狙います。


エースが体を張ってディフェンスをするので、
後ろの選手も、エースにボールを集めたくなるんです。

サガンのFWが必ずゴールランキングの上位にいるのは、
そういうチームの背景がある為です。


サガンには、守備をしないFWはいません。

ブラジル人選手をある時期を境に全く獲らなくなったのも、
「ブラジルの選手は守備をしないから」という考えがあるのでしょう。


さて来季は、初めてのJ1での戦いが待っていますが、
まぁまず当面の目標は、『J1残留』となるでしょう。

その為には、J1仕様の補強も必要ですし、
更なるチームとしてのレベルアップも必要です。


個人的には、ハーフナー マイクが鳥栖で覚醒して、
一気に日本代表の一員まで駆け上がったように、
豊田辺りには、日本代表入りを実現して欲しいです。

豊田も、高さ・強さ・速さを兼ね備えたFWです。

李・岡崎・森本と同じ北京五輪代表ですが、
この3人からは出遅れているので、是非、頑張って欲しいです
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ ジャンル : スポーツ

13:20  |  サッカー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。